お探しの情報は見つかりましたか?

めがねやコンタクトレンズ使用の煩わしさから、視力回復、矯正の為に手術を受ける人が急増している。
殊更に、レーシック手術は、ゴルファーのタイガー・ウッズ選手や、野球選手の松坂大輔選手等が受けた事から話のネタにもなった。
しかしながら、失敗例も在り、まだ完璧な手術とは云えないのが現状である。

レーシック手術・・・・・・正式には、「レーザー角膜屈折矯正手術」・・・・・・には、以下のようなメリットと短所が有る:

・日本では公的医療保険の対象とならない。
また、現状、この手術の給付金を熱望するケースが急増し、各保険会社は給付対象から除外している。
除外が活用される以前に加入した生命保険等で、手術費用がほぼ無料に成るケースは有るが、これから新たに加入すると云う人は、保険活用はほぼ不可能と考慮した方が良いだろう。

・手術のための入院が必要なく、短時間で済むと云うのはメリットである。

これ以外、一般的に以下のような問題点が指摘されている:

・屈折度が落ち着くまでに一定の期間が必要で在り、どれほどかかるかは個人に拠って差が有る。

・現実にどれほどの効果があるか(近視、乱視、遠視の低減度)と目標値との間には誤差が在り、ケースの場合に拠っては、再手術が必要になったり、手術を受けたにもかかわらずめがねが必要に成る事も有る。

・左右の目に差がでる事が有る。
これは同じ人の目であっても、左右に拠って条件がちがうからである。

乱視のレベルが軽いケースの場合は、遠視と同じようにアレンジする事であるレベルは視力回復し、物がハッキリとみえるように成る。
しかし度がつよくなるとアレンジしきれず、充分な視力回復は望めない。
ゆえにめがねを用いて矯正する事に成る。
正乱視のケースの場合は、円柱レンズと云うレンズを用いためがねで矯正する。
他方、不正乱視のケースの場合は、コンタクトレンズで矯正する。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ