2020年07月の記事一覧

オイゲンの日記にようこそ。

月別アーカイブ:2020年07月

  • 日記

    コンタクトレンズと云うと、通常は、昼間に装着して視力を矯正するものだと考慮する。しかしながら、そのコンタクトレンズを視力回復の手段として活用する、新しい方法として現状、話のネタに為ってるのが、「オルソケラトロジー」である。オルソケラトロジーと云うのは、オルソレンズ

    記事を読む

  • 日記

    視力回復の新しい方法として、レーシックと云う手術が話のネタに為ってる。しかしあくまで手術であるから懸念が結びつくし、まだ歴史が浅い事から安全性が確立していない。現実、どのような流れで進むのが、一般的な例をご案内する。超音波治療残念ながら、超音波を当てる方法は殆ど

    記事を読む

  • 日記

    レーシック手術は、いくら日帰り可能であると云っても、手術である事に変わりはないだろうから、危険は有る。当然、守るべき注意事項が有るし、手術当日から心地よい生活を即、送れるように成る訳でもないのだ。・術後に異物感を実感したり、しみたりする事が有る。・手術中にまぶたを大

    記事を読む

  • 日記

    レーシック手術は、検査・解説・手術・休息まで包括しても3時間レベル、手術自体は両眼で10分レベル、ときわめて短時間である事から、入院の必要はなく、人気が急アップしている視力回復法である。術後は、明くる日に検診を受け、其の後は1週間後、1ヶ月後におのおの定期健診を受ける事

    記事を読む

  • 日記

    詠書や勉強で近くのものをみる仕事がつづくと、一時的に近視の状態に成ると云う説を「仮性近視」もしくは「偽近視」と云うが、これは日本独自の考え方で、現状は否定的にとらえられている。以前は、仮性近視に対する治療として、アレンジ麻痺薬と云う薬を夜就寝する前に点眼し、毛様体

    記事を読む

  • 日記

    近頃、めがねやコンタクトレンズを使用しないで視力の回復、矯正をする方法として、視力矯正手術を受ける人が増大している。1番一般的なものは「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術」)であるが、その一形態として「イントラレーシック」と云う、視力矯正手術が有る。また、

    記事を読む

  • 日記

    乱視に成ると、網膜のどこにもピントが合わない為に、遠いところも近いところも物がみえにくく、しかも物が二重にみえてしまう。乱視には先天性のものと、病気やケガに拠って生じる後天性の乱視が有る。乱視は大幅に分けて、正乱視と、不正乱視が有る。正乱視と云うのは、角膜のカーブ

    記事を読む

  • 日記

    視力回復のため新たな手法として、人気急アップ中のレーシック手術であるが、安全に、かつ効果的に手術が実行される為には、何種類か守るべき点が有る。手術に当たっては、事前に多種多様な適応検査や精密検査を行い、レーシック手術を受ける事が出きるかの検査を包括して、レーザー

    記事を読む

  • 日記

    現状、眼科領域の治療は目ざましく発達している。コンタクトレンズ、手術、レーザー治療、人口水晶体、角膜移植、薬物治療等、選択肢が広がりつつ有る。視力はどれほど回復するのだろうか、また目の病気はどこまで治せるのだろうか。しかしながら、まだ歴史が浅い分、安全な術法が確立し

    記事を読む

  • 日記

    我々は、幼い子供がめがねをかけていると、近視と考えがちであるが、現実は遠視でめがねをかけているケースの場合が少なくないのでし。遠視は眼球が正規よりも小さく、眼軸が短い為におこる事から、発達してからでは遠視のままで固定してしまうと改善する事は不可能である。屈折状

    記事を読む

  • 日記

    近年、視力回復と矯正の為に、今までのめがねやコンタクトレンズではなく、手術と云う方法を熱望する人が急増している。1番一般的なのは、レーシックであるが、これ以外にも多種多様な新しい手術が行われつつ有る。乱視の原因は、殊更に角膜に有る。生まれつきの事が少なくないのであ

    記事を読む

  • 日記

    詠書や勉強で近くのものをみる仕事がつづくと、一時的に近視の状態に成ると云う説を「仮性近視」もしくは「偽近視」と云うが、これは日本独自の考え方で、現状は否定的にとらえられている。以前は、仮性近視に対する治療として、アレンジ麻痺薬と云う薬を夜就寝する前に点眼し、毛様体

    記事を読む

  • 日記

    視力矯正手術として、1番一般的なのは、「レーシック」・・・・・・正式名称は、「レーザー角膜屈折矯正手術」・・・・・・である。レーシックの中には、その一種として「エピレーシック」が有る。エキシマレーザーを照射する事で近視・遠視・乱視を矯正するレーシック手術の方法の一つである。エピレー

    記事を読む

  • 日記

    レーシック手術は、検査・解説・手術・休息まで包括しても3時間レベル、手術自体は両眼で10分レベル、ときわめて短時間である事から、入院の必要はなく、人気が急アップしている視力回復法である。術後は、明くる日に検診を受け、其の後は1週間後、1ヶ月後におのおの定期健診を受ける事

    記事を読む

  • 日記

    レーシック手術は、いくら日帰り可能であると云っても、手術である事に変わりはないだろうから、危険は有る。当然、守るべき注意事項が有るし、手術当日から心地よい生活を即、送れるように成る訳でもないのだ。他の手術同様、失敗、術後の合併症等の危険度が全くない訳でもないのだ。

    記事を読む

  • 日記

    近視の人の大たすうは、めがねやコンタクトレンズで視力の回復、矯正が可能な、シンプル近視である。ごくわずかであるが、病的な近視の方もいる。眼科ドクターの間では、シンプル近視も病的近視も含め、近視は遺伝的な素質がつよく関係しているとみる説が大勢をしめている。ゆえに、勉

    記事を読む

  • 日記

    遠くのほうをみると上手くピントが合わず、ハッキリみえないのは、屈折異常が原因である。このうち近視と云うのは、遠くから入ってきた光が、網膜よりも前に像を連結する為におくるのだ。近視には2通り有る:・シンプル近視(良性近視)・病的近視(悪性近視)シンプル近視は、視力回復と

    記事を読む

  • 日記

    老眼、もしくは老視と云うのは、病気ではなく、中年になればレベルの差はあれ、誰にでも生じ得る、生理的な現象である。老眼に成ると、近いところがみえにくいと云うだけで、遠いところを観る視力とはなんら関係はないのだ。あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、そ

    記事を読む

  • 日記

    視力回復のための最新の方法として、注目されているのが、「レーシック」である。レーシックと云うのは、角膜屈折矯正手術の一種である。目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変える事で、視力の回復を目指す手術である。但しこの方法は、熱望する全員が受けられる

    記事を読む

  • 日記

    視力と云うのは、目で物体を識別する能力の事をいう。視力が低下する理由には、色々考慮されるが、屈折異常、アレンジ異常で視力が低下したケースの場合は、屈折矯正を実践する事で視力を回復させる事は可能である。但し何らかの病気で視力が低下したケースの場合には、その原因を除

    記事を読む

  • 日記

    視力回復の新しい方法として、レーシックと云う手術が話のネタに為ってる。しかしあくまで手術であるから懸念が結びつくし、まだ歴史が浅い事から安全性が確立していない。現実、どのような流れで進むのが、一般的な例をご案内する。視力矯正手術には以下のようなものが有る:・レー

    記事を読む

  • 日記

    視力回復、もしくは視力矯正の方法として、近頃注目されているのが、レーシックである。めがねやコンタクトレンズが要らなくなる事から、スポーツ選手等でこの手術を受けた人がおおく、その為に話のネタに為ってる。しかしながら、まだ歴史が浅い事から完璧に安全とはいいきれない。

    記事を読む

  • 日記

    めがねやコンタクトレンズ使用の煩わしさから、視力回復、矯正の為に手術を受ける人が急増している。殊更に、レーシック手術は、ゴルファーのタイガー・ウッズ選手や、野球選手の松坂大輔選手等が受けた事から話のネタにもなった。しかしながら、失敗例も在り、まだ完璧な手術とは云え

    記事を読む

  • 日記

    健康診察等では、視力表を用いて視力を検査する。これは裸眼視力と云って、めがねやコンタクトレンズをしていない状態での視力で、屈折の異常を決断する為、あまり精密な検査とは云えない。正確に屈折の異常を測定する為には、アレンジを休ませた状態でなければならず、子供のケース

    記事を読む

  • 日記

    我々は、幼い子供がめがねをかけていると、近視と考えがちであるが、現実は遠視でめがねをかけているケースの場合が少なくないのでし。遠視は眼球が正規よりも小さく、眼軸が短い為におこる事から、発達してからでは遠視のままで固定してしまうと改善する事は不可能である。屈折状

    記事を読む

  • 日記

    近年、視力回復と矯正の為に、今までのめがねやコンタクトレンズではなく、手術と云う方法を熱望する人が急増している。1番一般的なのは、レーシックであるが、これ以外にも多種多様な新しい手術が行われつつ有る。オルソケラトロジーでは、就寝している間に高酸素透過性のコンタク

    記事を読む

  • 日記

    近視の視力回復のための治療や、矯正には、めがねやコンタクトレンズのほか、手術等の可能性も有るが、老眼のケースの場合は、老眼鏡を使用する他ないのだ。老眼は、眼のなかでレンズの働きをしている水晶体の弾力性が加齢と共に弱まった為に生じる症状である。治療に拠ってこの弾力

    記事を読む

  • 日記

    詠書や勉強で近くのものをみる仕事がつづくと、一時的に近視の状態に成ると云う説を「仮性近視」もしくは「偽近視」と云うが、これは日本独自の考え方で、現状は否定的にとらえられている。以前は、仮性近視に対する治療として、アレンジ麻痺薬と云う薬を夜就寝する前に点眼し、毛様体

    記事を読む

  • 日記

    老眼、もしくは老視と云うのは、病気ではなく、中年になればレベルの差はあれ、誰にでも生じ得る、生理的な現象である。老眼に成ると、近いところがみえにくいと云うだけで、遠いところを観る視力とはなんら関係はないのだ。老眼鏡は近くを観るための専用のめがねである。ゆえに、近視

    記事を読む

  • 日記

    レーシックは、新たな視力回復方法として注目されている手術である。しかし目の手術と云う事で懸念はつかない。現実、危険じゃないのだろうか?視力矯正手術には以下のような種類が有る:・レーシック ・イントラレーシック ・エピレーシック ・ラセック ・ウェーブフロント ・フェイキ

    記事を読む

  • 日記

    近視の人の大たすうは、めがねやコンタクトレンズで視力の回復、矯正が可能な、シンプル近視である。ごくわずかであるが、病的な近視の方もいる。眼科ドクターの間では、シンプル近視も病的近視も含め、近視は遺伝的な素質がつよく関係しているとみる説が大勢をしめている。ゆえに、勉

    記事を読む

  • 日記

    現状、眼科領域の治療は目ざましく発達している。コンタクトレンズ、手術、レーザー治療、人口水晶体、角膜移植、薬物治療等、選択肢が広がりつつ有る。視力はどれほど回復するのだろうか、また目の病気はどこまで治せるのだろうか。しかしながら、まだ歴史が浅い分、安全な術法が確立し

    記事を読む

  • 日記

    レーシック手術は、検査・解説・手術・休息まで包括しても3時間レベル、手術自体は両眼で10分レベル、ときわめて短時間である事から、入院の必要はなく、人気が急アップしている視力回復法である。術後は、明くる日に検診を受け、其の後は1週間後、1ヶ月後におのおの定期健診を受ける事

    記事を読む

  • 日記

    現状、眼科領域の治療は目ざましく発達している。コンタクトレンズ、手術、レーザー治療、人口水晶体、角膜移植、薬物治療等、選択肢が広がりつつ有る。視力はどれほど回復するのだろうか、また目の病気はどこまで治せるのだろうか。しかしながら、まだ歴史が浅い分、安全な術法が確立し

    記事を読む

  • 日記

    レーシック手術は、いくら日帰り可能であると云っても、手術である事に変わりはないだろうから、危険は有る。当然、守るべき注意事項が有るし、手術当日から心地よい生活を即、送れるように成る訳でもないのだ。・術後に異物感を実感したり、しみたりする事が有る。・手術中にまぶたを大

    記事を読む

  • 日記

    コンタクトレンズやめがねによる、視力回復、矯正の煩わしさから、視力矯正手術を増大する人が急増している。タイガー・ウッズ選手等、スポーツ選手の術例がたすう報告され、話のネタをよんだ事が、手術熱望者の増加に拍車をかけているようである。しかしながら、まだ歴史が浅い手術で

    記事を読む

  • 日記

    近視、遠視と云うイメージとは別に、「斜視」と云う目の症状が有る。ものを観る時に、片方の目の視線は目標のものを向いているのに、もう他方の目の視線はあらぬ方向を向いているものが「斜視」である。外見的に気に成るだけでなく、視力障害や両眼視異常に関係している事も在り、視力回

    記事を読む

  • 日記

    視力回復の基本がめがねとコンタクトレンズである事は、多種多様な最新の治療法が開発されている現状に於いても、やっぱり変わりはなにようである。しかしながら、酸素透過性のハードレンズの普及で、今まで、コンタクトレンズ使用者に多かった角膜障害が途方もなく減少した。1.対

    記事を読む

  • 日記

    健康診察等では、視力表を用いて視力を検査する。これは裸眼視力と云って、めがねやコンタクトレンズをしていない状態での視力で、屈折の異常を決断する為、あまり精密な検査とは云えない。正確に屈折の異常を測定する為には、アレンジを休ませた状態でなければならず、子供のケース

    記事を読む

  • 日記

    視力回復を願い、めがねやコンタクトレンズ以外の方法として手術を熱望する人が急増している。めがねを使用しなくてもいい、等のメリットがある他方で、歴史が浅い手術である事から、術法が確立しておらず、安全性に問題がある等、医学的な課題があるのが現状である。医学的短理由外

    記事を読む

  • 日記

    視力回復のための最新の方法として、注目されているのが、「レーシック」である。レーシックと云うのは、角膜屈折矯正手術の一種である。目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変える事で、視力の回復を目指す手術である。但しこの方法は、熱望する全員が受けられる

    記事を読む

  • 日記

    視力回復のため新たな手法として、人気急アップ中のレーシック手術であるが、安全に、かつ効果的に手術が実行される為には、何種類か守るべき点が有る。手術に当たっては、事前に多種多様な適応検査や精密検査を行い、レーシック手術を受ける事が出きるかの検査を包括して、レーザー

    記事を読む

  • 日記

    近視、遠視と云うイメージとは別に、「斜視」と云う目の症状が有る。ものを観る時に、片方の目の視線は目標のものを向いているのに、もう他方の目の視線はあらぬ方向を向いているものが「斜視」である。外見的に気に成るだけでなく、視力障害や両眼視異常に関係している事も在り、視力回

    記事を読む

  • 日記

    近年、視力回復と矯正の為に、今までのめがねやコンタクトレンズではなく、手術と云う方法を熱望する人が急増している。1番一般的なのは、レーシックであるが、これ以外にも多種多様な新しい手術が行われつつ有る。あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、それ未満

    記事を読む

  • 日記

    レーシック手術は、検査・解説・手術・休息まで包括しても3時間レベル、手術自体は両眼で10分レベル、ときわめて短時間である事から、入院の必要はなく、人気が急アップしている視力回復法である。術後は、明くる日に検診を受け、其の後は1週間後、1ヶ月後におのおの定期健診を受ける事

    記事を読む

  • 日記

    レーシックは、新たな視力回復方法として注目されている手術である。しかし目の手術と云う事で懸念はつかない。現実、危険じゃないのだろうか?斜視のケースの場合、左右の目の視線が同じ目標点に向かっておらず、片方の目が目標点よりも内部を向いている状態(内斜視)と、外部を向い

    記事を読む

  • 日記

    視力と云うのは、目で物体を識別する能力の事をいう。視力が低下する理由には、色々考慮されるが、屈折異常、アレンジ異常で視力が低下したケースの場合は、屈折矯正を実践する事で視力を回復させる事は可能である。但し何らかの病気で視力が低下したケースの場合には、その原因を除

    記事を読む

  • 日記

    コンタクトレンズやめがねによる、視力回復、矯正の煩わしさから、視力矯正手術を増大する人が急増している。タイガー・ウッズ選手等、スポーツ選手の術例がたすう報告され、話のネタをよんだ事が、手術熱望者の増加に拍車をかけているようである。しかしながら、まだ歴史が浅い手術で

    記事を読む

  • 日記

    現状、眼科領域の治療はめざましく発達している。新たに話のネタと為ってる視力回復、視力矯正の方法として、レーザー治療が話のネタであるが、他にも「超音波治療」や「人口水晶体」が有る。殊更に日本では、まだ一般的に認知されているとはいいがたいのが事実である。ただ、浸透してい

    記事を読む

  • 日記

    コンタクトレンズと云うと、通常は、昼間に装着して視力を矯正するものだと考慮する。しかしながら、そのコンタクトレンズを視力回復の手段として活用する、新しい方法として現状、話のネタに為ってるのが、「オルソケラトロジー」である。オルソケラトロジーと云うのは、オルソレンズ

    記事を読む

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリー
RSS
このブログはSEOに強い無料ブログテンプレート で作られています。
Copyright © オイゲンの日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

  • ライブドアブログ