老眼、もしくは老視と云うのは、病気ではなく、中年になればレベルの差はあれ、誰にでも生じ得る、生理的な現象である。
老眼に成ると、近いところがみえにくいと云うだけで、遠いところを観る視力とはなんら関係はないのだ。

遠視と云うのは、遠いところが良く見え、近視は近いところがよくみえる、と把握されているケースの場合が少なくないようであるが、これは誤解である。
遠視と云うのは、近いところは勿論の事、遠いところをみるのにもハッキリと観る事ができず。
アレンジの努力をしなくてはならないのである。

その為、近いところをみる仕事がつづくケースの場合には、やっぱり近いところを観る専用の老眼鏡を用意する方が良いのじゃないかとおもわれる。
おのれの生活を考慮して、めがねの使用スタイルを考慮するとよいだろう。

★角膜中心部の曲率しか変わらない為、夜間に瞳孔がオープンすると角膜周辺部の部分で術前と変わらぬ曲率をもつところをとおった光線が網膜に到達するようになり、二重の像がみえる事が有る。

★白内障の手術を受けた際に、眼内レンズの度数ずれをおこす危険が有る。



[PR]
  • トートバッグ かわいい
  • スニーカーサンダル
  • 冷感 マスク
  • エコバッグ 人気
  • リュックサック 人気

  • カテゴリ
    タグ