めがねやコンタクトレンズ使用の煩わしさから、視力回復、矯正の為に手術を受ける人が急増している。
殊更に、レーシック手術は、ゴルファーのタイガー・ウッズ選手や、野球選手の松坂大輔選手等が受けた事から話のネタにもなった。
しかしながら、失敗例も在り、まだ完璧な手術とは云えないのが現状である。

あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、それ未満を屈折異常と決断する。
しかし屈折異常を正確に調査する為には、水晶体の厚みを変えて、アレンジをつかさどってる毛球体筋を一時的に休ませる目薬をさした上で吟味する必要が有る。
ちっぽけな子供のケースの場合、アレンジを休ませる事はむずかしい為、レフラクトメーターと云う器械や検眼鏡とレンズとの組み合わせによる検影法と云う屈折検査で判定する。
この検査を用いれば、視力検査が出きないちっぽけな子供のケースの場合でも、目の度数を測定する事が可能に成る。

例を挙げると、プロゴルファーのタイガー・ウッズが手術を受けた例が超有名である。
彼の手術に影響され、視力に苦しむスポーツ選手のおおくが手術を受けたと云う。
これ以外、プロ野球選手の中にも、例を挙げると、松坂大輔選手のように、ドーム球場の乾燥した状態で実行される試合がおおくなった影響で視力の低下を招いた事から手術を受けた例も有る。

但し子供のケースの場合は、おのれでコンタクトレンズの扱いが出きるまではめがねの方が良いだろう。
そうなると、コンタクトレンズは、やっぱり中学生ぐらいからと云う事に成る。
ただ、医学的な面からコンタクトレンズを使用したほうが良いと云うケースの場合も有る。
左右の度がちがう人、円錐角膜と云う病気をもってる人、近視が途方もなくつよい人のケースの場合である。
これらの人は、大人の方も含め、めがねよりもコンタクトレンズの使用を勧められるようである。



[PR]
  • バッグ レディース 人気
  • スニーカー メンズ 人気
  • マスク 日本製
  • ピッタマスク
  • リュック メンズ

  • カテゴリ
    タグ